良いリフォーム会社の選び方【比較サイトを徹底比較】

チーム

こんにちは、今回は「良いリフォーム会社の選び方」について、リフォーム業界に30年以上携わっているリフォーム総研:研究員が解説します。

 

「リフォーム会社って何社も有るし、比較サイトも一杯有ってどうやって選べば良いのかからわからない!」この記事ではそんな悩みを解消するべく「比較サイト」を徹底分析しました。

リフォーム業界に30年以上在籍する筆者が独自の基準を設けて検証しました。数十社有っても基準をパスしたのは数社だけです。

この記事を読み終えたら良いリフォーム会社の選び方が分かります。

良いリフォーム会社の選び方

 

多くの人が不安を抱えている

(社)住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査」平成31年度版によると

リフォーム需要者の 9 割以上の人が何らかの不安を抱いており、その順位と割合は下記の通りです。(戸建て+マンション:複数回答)

表①

9割以上の人が何らかの不安を抱いている

9割以上の人が何らかの不安を抱いているとするならば、それを払拭するのが当研究室を含めたリフォーム業界の使命ではないでしょうか。

 

リフォーム情報の入手先

また、同じ「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査」の「リフォーム情報の入手先」ではインターネット⇒チラシや広告⇒企業のショールーム⇒カタログ⇒いつも工事を依頼している業者などが上位に上がっています。

表②

マンション情報の入手先

引用:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会 住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査 平成31年2月

 

工事をする際に顔なじみの信頼する業者がいたり、友人・知人が業者を紹介してくれれば迷うことも無いと思いますが、大多数の方がインターネットで情報を入手している事がわかります。

その一方で、情報が多すぎてどこを見て良いかわからないという方も多いように見受けられます。

お手上げ

「当研究室では、適正価格を判断するために比較サイトなどで複数会社の見積書を取得するのが近道と考えます。」と終始一貫して唱えているのは

表①の「見積もりの相場や適正価格がわからない」「施工が適正に行われるか」「業者選び、手続きが面倒そう」などの不安を取り除く近道と確信しているからです。

ところが、リフォーム比較サイト・リフォーム一括見積りサイト・リフォーム会社のマッチングサイトが乱立しているのは御承知の通りです。2020年9月現在20社を超えています。外装リフォーム比較サイトを合わせると30社は優に超えるでしょう。

リフォーム会社比較サイト一覧

比較サイトの選別

乱立するリフォーム比較サイトをランキング形式で紹介しているサイトは他にも有りますし数を並べても迷うばかりです。

当研究室ではプロ目線で独自の厳しい基準を設けてその基準をクリアしたサイトのみをご紹介いたします。口コミ・評判なども大事な要素と言えますが客観的に比較しにくいので除外する事とします。

正義の女神

①保証制度がある

仮に有料だとしても比較サイト独自の保証やリフォーム瑕疵保険がプラスされれば安心感が増します。

②10年以上の事業継続

リフォーム比較サイトを運営している会社は新規参入が増えている反面、撤退や倒産が相次いでいます。「継続は力なり」ではありませんが、ノウハウの蓄積は重要です。また、10年以上継続していないとリフォーム業界にも精通していると言えませんし、顧客目線ではないサイトは淘汰されて行きます。

③累積利用者数

累積利用者数が増えれば様々なノウハウが蓄積され改善も可能になります。数字が正義とは申しませんが累積利用者数も大きな指標の一つでしょう。

④運営会社資本金

前項でも記しましたが撤退や倒産が相次いでいる業態ですので資本金が多いに越したことはないでしょう。

いいね

良い比較サイトのまとめ

20社を超えるリフォーム比較サイトの中で当研究室の選定基準で残ったのは下記の5サイトです。

その中でも、それぞれ特徴があります。リフォームの内容などによりおすすめするリフォーム比較サイトも違ってきます。

リフォーム比較サイトを当研究室の選定基準で残ったのは下記の5サイト

一般的なリフォーム

リフォーム比較サイトは当然と言えば当然ですが、お客様に優良リフォーム会社を紹介するだけでは大きな利益は生じません。登録リフォーム会社から、紹介手数料・成約手数料・加盟金(年会費)などの手数料を徴収して収益源としています。そうした利率などは公開されておらず変動も有るので申し上げられませんが、仮に100万円の工事で1番手数料が安価なのはタウンライフリフォームです。

紹介されたリフォーム会社としても、その手数料も原価に含めますので結果として1番安価な見積りが出てくる可能性は高いと言えます。

次にリショップナビ、ホームプロといったところでしょうか。

当研究室の結論
自信をもっておすすめするリフォーム比較サイトは下記の三社です。それぞれクリックしてみて下さい。

工事費込みの定額制

部分的な工事の税込定額制ではリノコが1番お得と言えるでしょう。

定額制リフォームを売りにしている大手デベロッパーもありますが、少額工事に注力しない傾向もあります。スケールメリットを活かした戦略は業界でも注目されています。

当研究室の結論
【定額制】をウリにしている会社は大小様々ありますが、厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行っていたり、対応エリアが日本全国で価格差の無い事、全てのリフォーム工事に無料1年保証があるなど「商品+工事費+保証を含めたコミコミ価格」を展開しているリノコが1番おススメできます。
追加料金不要の定額リフォーム!
リノコ

 

30年以上リフォーム業界を見てきた中で「良いリフォーム会社の選び方」に関する記述は以上ですが、上記の通りリフォーム会社を1人で探すのは時間的にも労力的にも非常に難しいと思います。

当研究室では、適正価格を判断するために上記の比較サイトなどで複数会社の見積書を取得するのが近道と考えます。

また、機器の交換だけなら「工事費込み」が絶対お得です。下記の記事もご覧下さい。

関連記事

こんにちは、今回は「リフォーム費用:定額制って本当にお得?」について、リフォーム業界に30年以上携わっているリフォーム総研:研究員が解説します。   以前にも書きましたが(下記関連記事参照ください)、リフォーム需要者の[…]

本当かな?

読者みなさまの安心・快適なリフォームの成功を願っております。

最後までお読みくださりありがとうございました。宜しければ他の記事にも目を通して頂ければ幸いです。

リフォーム総研:Re Soken