良いリフォーム会社【決め手・特徴】

建築家

こんにちは、今回は「良いリフォーム会社【決め手・特徴】」について、リフォーム業界に30年以上携わっているリフォーム総研:研究員が解説します。


「リフォーム会社の特徴」って何の特徴だと思いますか?

この記事を読めば業種別それぞれの特徴がわかります。

リフォーム会社と一口に言っても、有名企業から小規模の会社まで大小様々な会社が有りどこに頼めば良いのか迷っている人が多いようです。

業界調査大手の矢野経済研究所によると、2019年の住宅リフォーム市場規模は前年比4.5%増の6.5兆円との事です。

神奈川・千葉・埼玉・栃木県の年間予算合計に匹敵するほどの一大産業となりましたが、異業種からの参入も多く玉石混淆の様相を呈していると言えます。

最後までお読み頂ければリフォーム会社それぞれの特徴が分かり「この場合なら○○、これなら△△ね」など使い分けができるよううになります。

それぞれの特徴を順番に解説します。

リフォーム会社の特徴

 

① リフォーム専門会社

世間的にも認知された業態と言えるでしょう。リフォーム専業ですからノウハウの蓄積も豊富で、小修繕から大規模リノベーションまで幅広く対応します。

営業から施工管理まで1人で担当する事が多いようです。転職組が多いことや成果報酬型給与体系の会社も多く存在する事が特徴と言えるでしょう。

② 工務店

本来は新築を得意としますが、リフォームに注力している会社も比較的多いです。

設計者から依頼された工事だけを請負う会社も有ります。地元密着型が基本で町の工事屋さんと言える存在です。

工事を得意としているので有資格者が多く在籍している工務店も多いです。

③ 売主系列会社

マンションならデベロッパーや管理会社、一戸建てならハウスメーカーもリフォームに注力していて、住宅リフォーム売上ランキングの上位を占めています。

売主とその系列会社ですから竣工図面を持っていたり建物の特徴や仕様を事前に把握している事はアドバンテージと言えますが、会社が大きいだけに総じて高額です。

④ 住設メーカー加盟店

大手住設メーカー各社はリフォームのボランタリーチェーン(VC)・フランチャイズチェーン(FC)を運営しています。

全面リノベーションなど、住設のメーカーを統一することにより安価になる事も有りますが、それはどこでも同じだったりします。

LIXILやPanasonicなどのショールームで紹介されるのは加盟店です。

⑤ 電力ガス系列会社

電力、都市ガス会社も系列会社がリフォームを行なっていますし、プロパンガス会社も自らリフォームに注力する会社が増えているようです。

電力はオール電化やエコキュート、ガスはエネファームなど専門性の高い分野を得意としますが、会社規模に比例して高額な場合が多いです。

⑥ 家電量販店

販路拡大の一環として始まったリフォーム事業を大きな収益の柱にしようとしている家電量販店も見受けられ、今後もシェアを伸ばす事が考えられます。

好立地や知名度、大量仕入による商材のコストダウンが武器だと思われますが、新規参入がゆえに工事は協力業者任せになる傾向が多いようです。

⑦ ホームセンター

エクステリア商品などを取り扱っている事もあり、外構リフォームを得意とするホームセンターは多いです。

もともとDIY関連商品が一堂に揃ったホームセンターですからリフォームに進出するのは自然な流れかも知れません。

家電量販店同様、工事は協力業者任せになる傾向があるようです。

⑧ 設計事務所

高いデザイン力、高い機能性のリフォームを期待して設計事務所・建築家に依頼する場合が多いと思います。

また、建築家が紹介する工務店などで工事を行う事が多いので仕上がりも期待できると思います。

但し、金額的には高額となる事が多く部分的なリフォームは不向きだと思われます。

⑨ 専門業者

屋根、外壁塗装、壁紙や畳などの内装、サッシなど、それぞれ各専門分野に特化している専門業者で、施工品質やコストを抑える事が期待できますが各専門分野以外のリフォームは自社では請け負えない場合がほとんどですから複合的な工事は不向きと言えるでしょう。

★経済産業省資料

リフォームビジネス関連ですから国土交通省が定番と連想しますが、経済産業省の資料です。

第5回資料のカテゴリー分けなどは、当研究室と似た目線で調査しているのが見て取れます。

少々長めのレポートですが、大変興味深い資料ですので大変参考になると思います。

リフォームビジネス拡大に向けた勉強会報告書(案):第7章【リフォーム関連産業の今後の方向性について】 

『今後のリフォームビジネスの拡大に当たっては、リフォーム市場の各プレーヤーがその期待される役割を果たしていくとともに、異なる業界からの新たな参入を受け入れつつ、プレーヤー間の連携を深めることにより、市場の活性化を図り、さらに魅力的な提案を行いながら住まい手のニーズにきめ細かに対応していくことが重要である。 』
という一節は大変含蓄ある内容だと思いました。

下記にリンク貼っておきますのでご覧ください↓

第6回リフォームビジネス拡大に向けた勉強会  平成26年4月23日

リフォームビジネス拡大に向けた勉強会委員名簿  平成26年4月23日

リフォームビジネス拡大に向けた勉強会報告書(案) 平成26年4月23日

第5回資料↓

住宅・リフォーム業界を巡る現状と社会環境の変化(参考図表) 平成26年4月23日


30年以上リフォーム業界を見てきた中で「良いリフォーム会社【決め手・特徴】」に関する記述は以上ですが、これらのことを踏まえてリフォーム会社を1人で探すのは時間的にも労力的にも非常に難しいと思います。

当研究室では、適正価格を判断するために比較サイトなどで複数会社の見積書を取得するのが近道と考えます。

また、機器の交換だけなら「工事費込み」が絶対お得です。

比較サイト・定額制に関する記事は下記を参照ください↓

関連記事

こんにちは、今回は「良いリフォーム会社の選び方」について、リフォーム業界に30年以上携わっているリフォーム総研:研究員が解説します。   「リフォーム会社って何社も有るし、比較サイトも一杯有ってどうやって選べば良いのか[…]

チーム

関連記事

こんにちは、今回は「リフォーム費用:定額制って本当にお得?」について、リフォーム業界に30年以上携わっているリフォーム総研:研究員が解説します。   以前にも書きましたが(下記関連記事参照ください)、リフォーム需要者の[…]

本当かな?

最後までお読みくださりありがとうございました。宜しければ他の記事にも目を通して頂ければ幸いです。

リフォーム総研:Re Soken